欧州証券市場庁、ESG評価機関に関する調査結果公表

6月27日、EUの証券市場規制機関である欧州証券市場庁(ESMA)は、欧州連合(EU)におけるESG格付業者の市場構造に関する情報を収集し、その結果を示した欧州委員会(EC)宛ての書簡を公表した。

ESMAは合計154件の回答を受け、現在EUで活動しているESG格付けプロバイダーは59件であることを確認した。さらに回答を分析した結果、以下のようないくつかの特徴や傾向が示された。

  • ESG格付けプロバイダー・市場の構造は、少数の非常に大規模な非EUのプロバイダーと、多数の著しく小規模なEUの事業体があることを示している。回答者の法人はEU加盟国のほぼ半分に分散しているが、その多くは少数の加盟国に集まっている。
  • ESG格付けの利用者は、通常、投資家負担で複数のプロバイダーと同時に契約している。複数のプロバイダーを選択する理由は、アセットクラス別、地域別のカバレッジを高めるため、または、 異なる性質のESG評価を受けるためだ。利用者が指摘した最も一般的な欠点は、特定の産業や企業の種類をカバーしていないこと、不十分なデータの粒度、ESG格付けプロバイダーが使用する方法論の透明性の欠如だった。しかし、発行者負担によるESG格付の提供は、予想以上に普及しているとが証明された。
  • ESG格付けの対象となる企業は、ESG格付けプロバイダーとのやりとりに少なくとも一定レベル のリソースを割いているが、その量は格付け企業自体の規模に大きく依存する。ほとんどの回答者は、格付けの根拠、フィードバックのタイミング、誤りの修正に関する透明性のレベルなど、格付けプロバイダーとのやりとりにおける何らかの欠点を強調している。

    寄せられたフィードバックは、市場が未成熟ではあるが成長しており、数年にわたる統合を経てEU域外に本社を置く少数の大規模なプロバイダーが台頭していることを示している。

【参照ページ】
(原文)ESMA PUBLISHES RESULTS OF ITS CALL FOR EVIDENCE ON ESG RATINGS
(日本語訳)ESMA、ESGレーティングに関する証拠収集の結果を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る