アシヤド海運、ESG戦略とレポーティングにLRを起用

3月6日、オマーンの国営海運会社アシヤド海運と英ロイド・レジスター(LR)は、確立されたグローバル・レポーティングの枠組みに沿った、初のESG報告書を作成するために提携を結んだ。

ガス運搬船や超大型原油運搬船、プロダクトタンカー、コンテナ船など85隻を運航するアシヤド海運は中東で初めてESG報告書を発行した海運会社になる。

海運セクターにおけるESG報告の必要性が高まっている。環境問題や規制圧力、利害関係者の要求から、企業が排出削減、社会的責任、コーポレート・ガバナンスなどの分野での業績を開示することが求められているためである。

アシヤド海運のESGインパクトには、脱炭素化や海洋・陸地の健全性回復、従業員の誠実さを促進する事業運営の統合に商店を当てた様々なプログラムが含まれている。

ESG報告は企業の評判の向上、資本へのアクセスの提供、リスク低減、市場競争力向上、ステークホルダーとの関係強化、規制遵守などにより社会的存在感を高め、企業に利益をもたらす。

【参照ページ】
(原文)Asyad Shipping and LR join forces for the group’s ESG Strategy & first ESG Report
(日本語参考訳)アシヤド海運とLR、グループのESG戦略と初のESG報告を共同で作成

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る