COP28、化石燃料からの脱却で合意し閉幕

COP28、化石燃料からの脱却で合意し閉幕

12月13日、ドバイで開催された国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)において、化石燃料からの世界的な脱却を求める最終合意が承認された。

化石燃料の「段階的な廃止」を求める一部の国や環境団体の野望には及ばなかったものの、COP28議長のスルタン・アーメド・アル・ジャベール博士が仲介した今回の交渉では、化石燃料に関する記述を削除しようとしていたとされるサウジアラビアを含むエネルギー生産国との溝を埋めることに成功し、火曜日夜に発表された草案では、各国が検討すべき選択肢として化石燃料の削減が挙げられていただけだった文言が大幅に強化された。

また、この画期的な合意は、これまでのCOP合意では、締約国に対し、止まらない石炭使用と非効率な化石燃料補助金の「段階的削減」の努力を加速させるよう求めるにとどまっていたことから、大きな一歩を踏み出した。

具体的に本合意は次のことを求めている。
「公正で秩序ある衡平な方法で、エネルギーシステムにおける化石燃料からの脱却を図り、この重要な10年間で行動を加速させ、科学的見地から2050年までにネット・ゼロを達成する。」

環境保護団体もまた、最終合意を称賛する一方で、地球温暖化を1.5℃に抑えるという目標を達成するために必要な野心には、この合意はまだ不十分であると指摘した。

今回の合意には、再生可能エネルギー容量を世界全体で3倍にすることや、2030年までにエネルギー効率改善率を2倍にすることなどが盛り込まれた。

【参照ページ】
(原文)COP28 Agreement Signals “Beginning of the End” of the Fossil Fuel Era
(日本語参考訳)COP28、化石燃料からの脱却で合意し閉幕

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る