Climate Action 100+、29本の事案に対し「フラグを立てた」と発表

5月9日、Climate Action 100+は、 より強固な気候変動対策を促す主要な株主総会決議案に注目を集めるために、気候変動関連の株主提案と経営陣提案の合計29本に対し「フラグを立てた」と発表した。Climate Action 100+が支援する5年間の投資家エンゲージメント(近年の高株主投票など)に基づき、これらの取締役投票は、気候問題に対するコーポレート・ガバナンスの改善および気候リスクへのエクスポージャーの軽減を目的としている。

セレスの5つの投資家ネットワークパートナーの1つであるClimate Action 100+は、投資家が委任状を投じる際に考慮すべき主要な株主提案やその他の投票にフラグを立てている。今シーズン、このイニシアティブは(現在までに)6社において、気候行動100+の期待に対する企業の進捗に関連する17の株主提案と経営陣の提案に対する署名表明票をフラグ付けした。気候に関するより強固なコーポレート・ガバナンスに加え、投資家は、温室効果ガス(GHG)排出目標、労働者や地域社会にとって公正な移行を確保するための方針を含む移行計画、メタンガス測定に関する報告などの重要事項に関する情報開示を要求している。

Mercy Investment Servicesは、気候変動とエネルギー転換が化石燃料の精製・販売という同社の中核事業にもたらすリスクを適切に管理していないとして、Valeroの取締役3人の再選に反対票を投じるよう株主に要請している。10年近くにわたる対話と、4年以上にわたるValeroの上級管理職との関わりを経て、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に沿った進展は限定的なものであった。国際エネルギー機関の予測によると、Valeroの主力輸送用燃料のような精製品を含む石油液体の世界需要は今後数十年で縮小すると予想されており、Valeroは低炭素エネルギー源を含む移行計画の策定で同業他社に遅れをとっている。 Valeroの年次株主総会は5月9日に開催される。

Chevronでは、Wespath Benefits and Investmentsが株主に対し、取締役2名の選任に反対票を投じるよう促している。これは、同社が気候関連のロビー活動に関して過半数の株主が承認した株主決議に対して有意義な回答を提供しなかったこと、また、同社のロビー活動の実践とパリ協定の支持表明との間のズレから生じるリスクに対処するための十分なガバナンスを確立しなかったことに起因する。Chevronの年次総会は5月31日に開催される。

英国国教会年金委員会は、要求されたロビー活動に関する開示と2022年度中の目標の更新を提出しなかったため、Volkswagenの監督委員会のメンバーの再選に反対する投票を呼びかけている。英国国教会年金委員会は、Volkswagen AG(VW)の気候変動への取り組みについて4年以上にわたって関与し、同社に対し、より強い排出削減目標の設定と、気候変動政策に関するロビー活動に関する情報公開を要請している。VWのGHG目標および気候変動に関するロビー活動の透明性は、ドイツの同業他社(メルセデス・ベンツ、BMWを含む)に比べて劣っており、これらの会社はロビー活動の開示を行い、Transition Pathway Initiativeによって短期および中期の排出削減目標の強化が行われていると独立して評価された。 Volkswagenの年次株主総会は5月10日に開催される。

【参照ページ】
(原文)AS THE 2023 PROXY SEASON CONTINUES, INVESTORS ARE CALLING ON CLIMATE ACTION 100+ FOCUS COMPANIES FOR MORE ROBUST CLIMATE ACTION 
(日本語訳)2023年のプロキシシーズンが続く中、投資家は気候変動対策を求めている 100社以上の注目企業がより強固な気候変動対策を求めている

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る