ユナイテッド航空、最大10億ガロンのSAFに関する契約を締結

ユナイテッド航空、最大10億ガロンのSAFに関する契約を締結

9月13日、ユナイテッド航空は、CO2を原料とする持続可能な航空燃料(SAF)について、脱炭素に特化した産業バイオテクノロジー企業であるCemvitaと最大10億ガロンまでの引き取り契約を締結したと発表した。

新しい契約により、Cemvitaはユナイテッド航空に対し、CO2を原料とするSAFを20年間にわたり年間最大5,000万ガロン供給する。

SAFは、現在世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空産業の脱炭素化を支援する重要な手段のひとつと考えられている。SAFは一般に、廃油や農業残渣などの持続可能な資源から製造され、現行の化石ベースのジェット燃料に比べて排出量を大幅に削減できる。

しかし、SAFを生産するために使用される現在の技術の多くは、必要な原料の供給が限られていることが多く、こうした野望を支えるために必要な規模に達することが困難な場合がある。

ヒューストンに拠点を置くCemvitaは2017年に設立され、天然資源の自然抽出、カーボン・マイナス化学生産、廃棄物を原料としてクローズド・ループで再生するなどのソリューションを提供するために産業バイオテクノロジーを利用している。同社のソリューションには、CO2をSAFに変換する可能性を持つ合成微生物が含まれ、SAFの原料問題に対処し、土地、水、電力の必要性を最小限に抑える。さらに同社は、eCO2プラントはカーボン・マイナス出力の可能性があり、既存の作物ベースの原料や燃料とコスト競争力を持つことを目指していると付け加えた。

ユナイテッド航空は、カーボンオフセットに頼ることなく、2050年までに温室効果ガスの排出量を完全に削減することを約束している。今年初め、同社はユナイテッド航空ベンチャーズ・サステナブル・フライト・ファンドを立ち上げ、SAFの研究、技術、生産に焦点を当てた新興企業への投資と支援を目的としている。

現在2億ドル(約290億円)超のコミットメントに成長した同ファンドは、SAF供給の拡大を支援することを目的とし、新技術、先進的燃料源、実績のある生産者への投資を優先している。Cemvitaは、同ファンドの第1期投資先企業として発表された。

【参照ページ】
United Signs Agreement to Buy Up To One Billion Gallons of Sustainable Aviation Fuel from Cemvita

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る