RWEと現代建設、洋上風力発電とグリーン水素製造で協力

RWEと現代建設、洋上風力発電とグリーン水素製造で協力へ

11月15日、独電力大手のRWEと韓国の現代建設は、洋上風力発電とグリーン水素製造に関する覚書(MOU)を締結したと発表した。

韓国政府が掲げる2050年のカーボンニュートラル目標に加え、2036年までに再生可能エネルギーの設備容量を108.3GWまで増加させる計画の一環として、両社は今後、韓国初の水電解槽で培った現代建設の水素製造技術と、RWEの水素に関する専門的な知識を組み合わせ、グリーン水素生成プロジェクトを推進する予定である。この協力により、両社はグローバル市場への進出も検討している。

現在、RWEは5ヶ国で19ヶ所の洋上風力発電所を運営し、設置容量は3.3GWに達している。デンマークのトールや英国のソフィアなど、新たな開発プロジェクトも進行中で、30以上のグリーン水素プロジェクトにも参画している。2030年には発電全体の設備容量を50GWに、2040年にはカーボンニュートラルを宣言する計画である。

一方、現代建設は11月7日には商業用水電解水素製造プラントの基本設計を完了し、2025年5月に本格稼働を予定している。これにより、日量1万t以上の高純度水素を生産できる能力を持ち、韓国最大の生産拠点となる見通しである。

さらに、現代建設は11月8日には、韓国ミッドランド・パワーおよび韓国海外インフラ都市開発公社(KIND)と米国における太陽光発電事業の共同開発に関する覚書を締結した。これにより、再生可能エネルギー100%(RE100)の実現を目指す取り組みが加速している。

【参照ページ】
(原文)Hyundai and RWE sign Memorandum of Understanding to jointly develop offshore wind and green hydrogen in Korea
(日本語参考訳)RWEと現代建設、洋上風力発電とグリーン水素製造で協力

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る