4月6日、英国政府は新しいエネルギー安全保障戦略を発表した。本発表では、クリーンで安価なエネルギーを拡大しながら、長期的なエネルギーの確保に向けた計画を概説した。本戦略では、再生可能エネルギーと水素の開発を進める一方で、原子力エネルギーの重要な役割を設定し、さらに石油とガスの生産の短期的強化も掲げる。

本戦略は、パンデミック後のエネルギー需要の増加とロシアのウクライナ侵攻による、世界的なエネルギー価格の上昇を踏まえたものである。

本戦略では、原子力発電の大幅な増加を想定し、原子炉の納入を10年に1基ではなく、1年に1基にまで拡大する予定である。また、原子力を「安全、クリーン、信頼できる電源」と呼び、2050年までに電力需要の25%を原子力で賄い、24GWまで到達する計画である。

再生可能エネルギーの導入の拡大も検討され、洋上風力発電は2030年までに最大50GWに達し、そのうち深海に浮かぶ洋上風力発電は最大5GWに達する予定である。その一環として、政府は洋上風力資源開発に関わる業務を省略し、プロジェクトの承認にかかる時間を4年から1年に短縮する。太陽光発電は、現在の14GWから2035年までに5倍まで急増する見込みである。

低炭素水素製造の目標を現在の2倍にし、2030年までに最大10GW、そのうち少なくとも半分はグリーン水素の使用を目標とする。

政府は本戦略を「化石燃料と英国を切り離すために核を為す戦略」と位置付けているが、石油・ガスの増産計画も含まれており、今年後半には北海石油・ガスプロジェクトを開始する予定である。

【参照ページ】
(原文)Major acceleration of homegrown power in Britain’s plan for greater energy independence
(日本語訳)英国、エネルギー自立を促進するため、電力の大幅拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る