Tescoら英企業、森林破壊に関連する大豆の利用削減にコミット

Tescoら英企業、森林破壊に関連する大豆の利用削減にコミット

11月9日、Tesco、Nestle UK and Ireland、Sainsbury’s、Nando’s、KFC UK and Ireland、Morrisons、McDonald’s UK and Irelandなどの主要ブランドがUK Soy Manifestoに署名した。英国の署名企業は森林破壊のない大豆を購入し、森林と貴重な原生植物を保護することを約束した。

署名者には、英国で活動する27のブランド、小売業者、外食企業、畜産業者が含まれ、年間200万トン近くの大豆を購入し、英国の総消費量の半分以上(約60%)を占めている。

今回の署名は、2025年までに、英国の大豆サプライチェーンから森林破壊や生息地の破壊をなくすことを約束するものとなっており、この目標に向けて迅速に前進するために署名者は以下のことに同意した。

  1. 2020年1月以降、英国に到着する大豆が、農業のために伐採された生息地の原因とならないよう、森林破壊や森林転換を行わないという強固な約束を設定する。
  2. 直接のサプライヤーにも同様のコミットメントを求め、またそのサプライヤーにも同様のコミットメントを求める。
  3. 契約書にマニフェストの公約を記載し、目標達成のためにサプライヤーをサポートする。
  4. 進捗状況を公開する。
  5. 英国に入ってくる大豆が、森林破壊やその他の生態系の破壊の原因となっていないことを確認するために、報告書の改善を支援する。

【参照ページ】
(原文) UK industry leaders unite to cut deforestation- and conversion-linked soy from supply chains by 2025
(翻訳)英国の業界リーダーが一致団結し、2025年までにサプライチェーンから森林破壊・転換に関連する大豆を削減することを決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る