Schroders、サステナビリティ重要課題に関するファンドマネージャーの達成目標を設定

投資運用会社 Schroders、サステナビリティ重要課題に関するファンドマネージャーの達成目標を設定

4月4日、Schrodersは持続可能性問題に対する投資先企業との関わり方の概要を発表した。同社は、投資先企業へ、エンゲージメント・ブループリントを書面で通知する。

本発表に伴い、Schrodersは、株式・債券ファンドマネージャーとアナリストに新たなエンゲージメント目標を設定し、各自の業績目標の一部とすると報告した。

Schrodersは、ブループリントの中で、アクティブ・オーナーシップは顧客に提供する価値の重要な要素であるとし、エンゲージメントでは、経営陣の成長・環境や社会への適応に焦点を当て、長期的競争力の強化・価値の向上を目指す。

ブループリントでは気候・循環型経済・汚染と廃棄物・持続可能な食料と水・森林破壊・人権等を含んだ、優先的に取り組む6つの主要なテーマを挙げた。

また、アクティブ・マネジメントに対する成果重視のアプローチに関して、対話の量よりも深さと質を優先し、対話のタイミングや目標の設定にあたっては、重要性・地域の状況・時間的な枠組み等を考慮するとした。

【参照ページ】
(原文)Schroders unveils Engagement Blueprint to highlight global active ownership priorities
(日本語訳)Schroders、エンゲージメントブループリントを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る