Verra、農林業・土地利用のデジタル版非永続リスクツールを発表

10月12日、国際的なカーボンオフセット基準管理団体米Verraは、農林業・その他の土地利用(AFOLU)プロジェクト用の非永続リスクツール(NPRT)のデジタル版を導入する。プロジェクト運用企業に対し非永続リスクアセスメントの支援を行う。

本ツールは、自動化されたリスク計算機能により、ユーザーによるエラーリスクを最小限に抑える。また、一貫した書式の最終報告書が電子的に作成されるため、検証/妥当性確認機関(VVB)やプロジェクトのレビュアーなど、他の利害関係者によるアクセス、関連情報の取得が可能。さらに、裏付け証拠を含むすべての関連文書をツール自体にアップロードできるため、Verra、VVB、プロジェクト運用者すべてが同じ情報にリアルタイムでアクセスでき、審査プロセスも迅速化される。

デジタル版AFOLU NPRTは、数週間以内にVerra Project Hubで公開予定。Verraレジストリに登録されているAFOLUプロジェクト運用者には、ユーザーマニュアルとツールへのアクセス方法が記載されたEメールが送られる。

【参照ページ】
(原文)Verra Introduces Digital AFOLU Non-Permanence Risk Tool
(日本語参考訳)Verra、デジタル版農林業・土地利用の非永続リスクツールを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る