Michelin、100%持続可能なタイヤ開発へのコミットメント発表

Michelin、100%持続可能なタイヤ開発へのコミットメント発表

11月25日、Michelinは、今後数年間の挑戦領域として、100%持続可能なタイヤの開発を打ち出した。設計、製造、物流、製品使用、廃棄・リサイクルの各段階へのコミットメントも発表した。

気候変動の緊急事態に対抗するために、100%持続可能なタイヤは、グループが今後数年間で取り組まなければならない課題であり、これを達成するために、 Michelin は革新的な能力、即ちエコシステムの中で新しい革新的な技術を開発する能力をすべて活用し、タイヤのライフサイクルの各段階で行動を起こしている。

Michelinは設計段階から、タイヤにはバイオ由来の材料やリサイクル材料(天然ゴム、バイオ由来の樹脂、リサイクルプラスチックなど)を取り入れている。 Michelin のエンジニアは、スタートアップ企業、研究所、大学と提携して行われる数多くの研究プロジェクトに参加している。 Michelin は 2030 年までに、タイヤの平均 40%を持続可能な材料で構成することを約束しており、2050 年までにはこのレベルを 100% にする予定である。

Michelinは、タイヤの製造過程において、溶剤やエネルギーの消費、廃棄物の発生、CO2 排出量、取水量など、すべての製造工場の環境フットプリントの削減に取り組んでいる。2005 年以降、 Michelin グループはすでにその影響を半減させている。2050 年に向けて、 Michelinはすべての生産工場で CO2 排出量をゼロにすること、地域社会の水資源への影響ゼロ、タイヤ製造からの溶剤の完全除去を目標に掲げている。

物流に関しては、 Michelin グループは、より少ない輸送、より良い輸送、より異なる輸送を行うことを約束している。 2030 年までに物流に起因する CO2 排出量を 2018 年と比較して 15%削減することを目指している。また、EVや水素自動車などの代替輸送手段や、セーリングカーゴの開発も徐々に進めている。

製品使用に関して、 Michelin グループは、EVの燃料節約と自律性向上を可能にするタイヤを開発するために、投資と革新を続けていく。ミシュランは、過去 30 年にわたり、毎年 1~2%ずつタイヤの性能を向上させることで、転がり抵抗を劇的に改善してきた。

廃棄・リサイクルに関しては、 Michelinは長年にわたりタイヤの摩耗粉の削減に投資してきた。 Michelin は2015年以降、すでに達成している削減率5%を超えて、新製品群における粒子の総排出量削減の継続にコミットする。

【参照ページ】
Michelin sets out the challenges of 100% sustainable tires

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る