Verra、クレジット除去理由に「企業排出インベントリ会計」を新設

10月12日、国際的なカーボンオフセット基準管理団体米Verraは、Verraレジストリーの「除却理由」のカテゴリーに「企業排出インベントリ会計」という新しいオプションを追加したと発表した。企業は本オプションを選択することで、償却された同社のクレジットVerified Carbon Units(VCU)が表す排出削減量または除去量を、排出量を相殺するためではなく、企業の排出量インベントリー会計に使用することを示すことができる。

Verraは、VCUの使用に関する透明性を高め、ダブルカウント(同一のVCUがオフセットとして使用され、企業の排出量インベントリに計上されること)リスクを低減するための暫定的な解決策として、本更新の実施に至った。

昨今、科学的根拠に基づく気候変動へのコミットメントや、企業排出量の目標設定を行う企業が増えている。Verraは、スコープ3プログラムを開始し、企業の排出インベントリとして排出削減と除去の保証フレームワークを提示する予定である。正式発足するまでの期間、企業がサプライチェーンにおける排出削減・除去プロジェクトを認証するためにVerified Carbon Standard Programを使用できるようにし、ダブルカウントリスクを軽減する。ただし、企業は温室効果ガス・プロトコル(GHGP)の要件に従い、企業のGHGインベントリにおいて、介入の影響を報告する必要がある。

Verraは、返却理由として「企業排出インベントリ会計」を選択しても、排出削減や除去が特定の企業の排出インベントリ境界内で発生したことや、排出削減や除去が企業の排出インベントリ内で適切に会計処理されていることの検証にはならないと強調している。

【参照ページ】
(原文)New “Retirement Reason” Option in Verra Registry
(日本語参考訳)Verra、クレジット除去理由に「企業排出インベントリ会計」を新設

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る