TEEBAgrifoodプロジェクト始動、 企業向け運用ガイドラインを公表

9月14日、国際インパクト測定ガイドラインNGO資本連合(Capitals Coalition)のプロジェクト「TEEBAgrifood for Business」は、入門書とともに、企業向け「TEEBAgrifood運用ガイドライン」の最終版を発表した。本ガイドラインは、農産物セクターのレジリエンス強化、ベストプラクティスの主流化、生物多様性保全、持続可能な食料システムの構築を支援する。

本ガイドラインは、企業が農業セクターにおける自然、人間、社会、生産資本への影響と依存関係を理解し、意思決定方法を変革するための実践的な方法を提供するもの。作成にあたり、国際的に受け入れられているビジネスフレームワークである「自然資本と社会・人的資本プロトコル」を基盤とした。

自然資本プロトコルに付随して発表された「食品・飲料セクターガイド」に基づき、本ガイドラインは初めて、同セクターと社会・人的資本、金融セクターとの関係性を分析するためのツールとして構築している。

欧州委員会からの資金援助により、本ガイドラインはブラジル、中国、インド、インドネシア、マレーシア、メキシコ、タイの7カ国で、複数の農業アプローチやを通じて試験的に導入されている。最初の草案が発表されてから3年間、企業は本ガイドラインを適用し、アクションを強化してきた。

TEEBAgrifoodプロジェクトは、EUが支援する世界的なUNEPプロジェクトであり、資本連合が世界中の企業と協力している。最終的には、2023年に「TEEBAアグリフード・オペレーション・ガイドライン(ビジネス向け)」と補足文書を発表し、終了する予定である。

【参照ページ】
(原文)The TEEBAgrifood Project Launch Operational Guidelines for Business
(日本語参考訳)TEEBAgrifoodプロジェクト始動、 企業向け運用ガイドラインを公表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る