TEEBAgrifoodプロジェクト始動、 企業向け運用ガイドラインを公表

9月14日、国際インパクト測定ガイドラインNGO資本連合(Capitals Coalition)のプロジェクト「TEEBAgrifood for Business」は、入門書とともに、企業向け「TEEBAgrifood運用ガイドライン」の最終版を発表した。本ガイドラインは、農産物セクターのレジリエンス強化、ベストプラクティスの主流化、生物多様性保全、持続可能な食料システムの構築を支援する。

本ガイドラインは、企業が農業セクターにおける自然、人間、社会、生産資本への影響と依存関係を理解し、意思決定方法を変革するための実践的な方法を提供するもの。作成にあたり、国際的に受け入れられているビジネスフレームワークである「自然資本と社会・人的資本プロトコル」を基盤とした。

自然資本プロトコルに付随して発表された「食品・飲料セクターガイド」に基づき、本ガイドラインは初めて、同セクターと社会・人的資本、金融セクターとの関係性を分析するためのツールとして構築している。

欧州委員会からの資金援助により、本ガイドラインはブラジル、中国、インド、インドネシア、マレーシア、メキシコ、タイの7カ国で、複数の農業アプローチやを通じて試験的に導入されている。最初の草案が発表されてから3年間、企業は本ガイドラインを適用し、アクションを強化してきた。

TEEBAgrifoodプロジェクトは、EUが支援する世界的なUNEPプロジェクトであり、資本連合が世界中の企業と協力している。最終的には、2023年に「TEEBAアグリフード・オペレーション・ガイドライン(ビジネス向け)」と補足文書を発表し、終了する予定である。

【参照ページ】
(原文)The TEEBAgrifood Project Launch Operational Guidelines for Business
(日本語参考訳)TEEBAgrifoodプロジェクト始動、 企業向け運用ガイドラインを公表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る