Net-Zero Asset Owner AllianceとOECM、セクター別脱炭素化に向けたロードマップを提供

5月、国連が招集したNet-Zero Asset Owner Alliance(NZAOA)と欧州気候財団の委託を受けたOne Earth Climate Model(OECM)は、セクター別脱炭素化のために非常に必要なロードマップを提供した。スコープ3排出量を明確に定義し、二重計上を避けることで、12の産業部門について詳細かつ標準的なネット・ゼロへの道のりを提供している。

産業界の能力、投資経路、脱炭素化目標はすべて、ネット・ゼロ・エミッションへの公正な移行を確保するために問われる分野である。綿密な調査作業の結果、最も多くの温室効果ガスを排出する各業界の詳細なデータが得られ、これらの排出の部門横断的な責任が特定された。

国際エネルギー機関(IEA)の「NZE2050」シナリオは、1.5℃の統計的な信頼区間が50%のラインで設計されているのに対し、OECMは信頼区間を67%にまで高めて設計された。現在最も厳しいシナリオだ。

OECMでは、現行の原子力発電・CCS(炭素回収・貯留)・BECCSは開発コストが高すぎるためソリューションの中から排除された。その上で、2030年までに再生可能エネルギーを急速に拡大し、EV開発にも積極的に投資するという目標を設定した。一方で、石油・石炭・ガスの新たなプロジェクトへの投資を行わないよう政府、金融機関、産業界に求めた。

【参照ページ】
(原文)ONE EARTH CLIMATE MODEL: SECTORAL PATHWAYS TO NET-ZERO EMISSIONS
(日本語訳)地球気候モデル: ネットゼロエミッションへのセクター別パスウェイ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る