バルト海沿岸諸国、洋上風力を2030年までに7倍に強化

8月30日、バルト海エネルギー安全保障サミットにおいて、欧州各国は8年間で洋上風力発電容量を7倍に増やすことに合意した。再生可能エネルギーの拡大によってエネルギー安全保障を強化し、ロシアのエネルギー輸入から自立する。

デンマークとバルト海周辺の近隣諸国、スウェーデン・フィンランド・ドイツ・ポーランド・ラトビア・リトアニア・エストニアは、洋上風力発電の設備容量を拡大する宣言に署名した。2030年までに1960万kWの洋上風力発電能力を目標としており、現在の280万kWと比較して7倍に増加させる。

2030年にはデンマークが630万kWとなり、洋上風力発電の導入量が最も多くなると予想されている。2位はポーランドで590万kW、3位はドイツで380万kW、リトアニアで140万kW、エストニアで100万kW、スウェーデンで70万kW、ラトビアで40万kW、フィンランドで110万kWとなる。

また、デンマークとバルト諸国は、洋上風力入札の枠組み条件に関する既存の協力関係をさらに発展させ、世界的な協力関係を構築することに合意した。
デンマークが産業界に発注した調査によると、2030年までに洋上風力が7倍に増加した場合、建設段階で167,450の年間労働単位、ライフサイクル全体で188,554の年間労働単位が発生する。

デンマークとドイツは最近、ボーンホルムのエネルギー島を拡張し、ドイツからのケーブルを接続することに合意した。2030年にはドイツとデンマークの数百万世帯にグリーン電力を供給できるようになる見込みだ。

【参照ページ】
(原文)Countries of the Baltic Sea strengthen their cooperation on energy security and expansion of renewables
(日本語訳)バルト海の国々は、エネルギー安全保障と再生可能エネルギーの拡大に関する協力を強化します

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る