バルト海沿岸諸国、洋上風力を2030年までに7倍に強化

8月30日、バルト海エネルギー安全保障サミットにおいて、欧州各国は8年間で洋上風力発電容量を7倍に増やすことに合意した。再生可能エネルギーの拡大によってエネルギー安全保障を強化し、ロシアのエネルギー輸入から自立する。

デンマークとバルト海周辺の近隣諸国、スウェーデン・フィンランド・ドイツ・ポーランド・ラトビア・リトアニア・エストニアは、洋上風力発電の設備容量を拡大する宣言に署名した。2030年までに1960万kWの洋上風力発電能力を目標としており、現在の280万kWと比較して7倍に増加させる。

2030年にはデンマークが630万kWとなり、洋上風力発電の導入量が最も多くなると予想されている。2位はポーランドで590万kW、3位はドイツで380万kW、リトアニアで140万kW、エストニアで100万kW、スウェーデンで70万kW、ラトビアで40万kW、フィンランドで110万kWとなる。

また、デンマークとバルト諸国は、洋上風力入札の枠組み条件に関する既存の協力関係をさらに発展させ、世界的な協力関係を構築することに合意した。
デンマークが産業界に発注した調査によると、2030年までに洋上風力が7倍に増加した場合、建設段階で167,450の年間労働単位、ライフサイクル全体で188,554の年間労働単位が発生する。

デンマークとドイツは最近、ボーンホルムのエネルギー島を拡張し、ドイツからのケーブルを接続することに合意した。2030年にはドイツとデンマークの数百万世帯にグリーン電力を供給できるようになる見込みだ。

【参照ページ】
(原文)Countries of the Baltic Sea strengthen their cooperation on energy security and expansion of renewables
(日本語訳)バルト海の国々は、エネルギー安全保障と再生可能エネルギーの拡大に関する協力を強化します

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る