Sun’AgriとRWE、フランスで農業用太陽光発電の開発を加速

7月3日、農業用太陽光発電(Agri-PV)を手掛けるSun’Agriと、再生可能エネルギー企業であるRWEは、農業の利益とグリーン電力生産を組み合わせた新しいプロジェクトを通じて、フランスにおけるAgri-PVの開発を加速させる戦略的パートナーシップを締結した。特に本パートナーシップは、果物、野菜、ワインの栽培のための統合ソリューションの実施を運営面でサポートする。

Agri-PVは、農作物の上に、農業機械が通れる高さに設置された移動式ソーラーパネルによって、気候変動の影響から農作物を守る。これらのソーラーパネルは、特注設計のアルゴリズムによってリアルタイムで制御され、植物が必要とする日照や日陰に応じて傾き、霜や雹、炎天下などの異常気象による損失を抑える。

15年にわたる農業研究の結果、Sun’Agriの特許技術はすでにフランスの20以上の農場で、多くの果物、野菜、ブドウ品種に導入され、農家を直接サポートしている。その他のプロジェクトも現在、国際的に展開されている。

RWEは欧米で第4位の陸上風力・太陽光発電事業者である。RWEは、Agri-PVに特化したインテリジェント・ソリューションの展開により、エネルギー転換を支える太陽エネルギーにおける意欲を再確認している。

【参照ページ】
(原文)Sun’Agri and RWE join forces to accelerate development of agricultural photovoltaics in France
(日本語参考訳)Sun’AgriとRWE、フランスで農業用太陽光発電の開発を加速

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る