ABB、EWllと共同でコペンハーゲン空港にEV充電器を供給

ABB、EWllと共同でコペンハーゲン空港にEV充電器を供給

4月6日、ABBはエネルギーグループEWIIと共同で、今後10年間コペンハーゲン空港(CPH)に1,350基のEV充電器を供給すると発表した。

本供給により、空港内のEVと8万人以上の旅行者のEVの両方が充電にアクセスしやすくなる。2022年に最初のAC充電器180基とDC急速充電器15基が設置される予定であり、本契約の財務的な詳細は明らかにされていない。

CPHは、毎日8万人以上の旅行者と敷地内に駐車する従業員のために、総合的なEV充電ソリューションを求めていた。

CPHの需要に応えるための充電インフラは、22kWのTerra ACウォールボックスから、最近発売された世界最速のオールインワンEV充電器Terra 360まで、ABBの全製品から構成される。Terra 360は、3分未満で100kmの走行距離を実現し、最大4台を同時に充電できるよう特別に設計された、唯一の充電器である。

【参照ページ】
(原文)ABB technology helps Copenhagen Airport become Denmark’s largest EV charging site
(日本語訳)ABB、EWllと共同でコペンハーゲン空港にEV充電器を供給

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る