ABB、EWllと共同でコペンハーゲン空港にEV充電器を供給

ABB、EWllと共同でコペンハーゲン空港にEV充電器を供給

4月6日、ABBはエネルギーグループEWIIと共同で、今後10年間コペンハーゲン空港(CPH)に1,350基のEV充電器を供給すると発表した。

本供給により、空港内のEVと8万人以上の旅行者のEVの両方が充電にアクセスしやすくなる。2022年に最初のAC充電器180基とDC急速充電器15基が設置される予定であり、本契約の財務的な詳細は明らかにされていない。

CPHは、毎日8万人以上の旅行者と敷地内に駐車する従業員のために、総合的なEV充電ソリューションを求めていた。

CPHの需要に応えるための充電インフラは、22kWのTerra ACウォールボックスから、最近発売された世界最速のオールインワンEV充電器Terra 360まで、ABBの全製品から構成される。Terra 360は、3分未満で100kmの走行距離を実現し、最大4台を同時に充電できるよう特別に設計された、唯一の充電器である。

【参照ページ】
(原文)ABB technology helps Copenhagen Airport become Denmark’s largest EV charging site
(日本語訳)ABB、EWllと共同でコペンハーゲン空港にEV充電器を供給

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1.  

    2022-5-19

    シェルパ・アンド・カンパニー、総額6,000万円の資金調達及びESG経営推進クラウド「SmartESG」β版を提供開始

    5月18日(水)、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社(シェルパ)は、ESG経営推進クラウド「Sm…
  2. close up photo of white windmill

    2022-5-18

    ドイツ、再生可能エネルギー拡大へ 2030年までに国内電力の80%を担う計画

    4月6日、ドイツ連邦政府は複数のエネルギー政策関連法の改正法案をまとめた「イースター・パッケージ」…
  3. 2022-5-18

    EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

    4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソー…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る