クリーンエネルギー開発TagEnergy、600億円超の資金調達を発表

 

4月12日、大手企業向けにクリーンエネルギー開発を手掛けるTagEnergyは国際的な成長を推進するため、4億5,000万ユーロ(約612億円)の大規模な資本調達を発表した。

本調達には、サステナビリティに特化した投資マネージャーMirovaとプライベートエクイティ投資家Omnes、およびTagEnergyの大株主Impala SAS Groupの2社が新たに出資している。3社の投資家はそれぞれ1億5,000万ユーロ(約1,566億円)を投資する予定である。

TagEnergyのCEOであるFranck Woitiez氏によると、本調達資金は、複数の国際市場において同社のプロジェクトのパイプラインを実現し、成長させるために使用する予定である。

Impalaは、今回の投資後もTagEnergyの筆頭株主であり、TagEnergyのマネージャー株主の持ち株会社であるTagTeam Holdingとともに、引き続き同社を支配していく予定である。

【参照ページ】
(原文)TagEnergy welcomes two new major investors, Mirova and Omnes, to support its global project pipeline and speed energy transition
(日本語訳)TagEnergy、4億5000万ユーロを調達、国際的な成長を促進

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る