ベンチャーキャピタルEnergy Impact Partners、Climate Solutions Fundを立ち上げ1,100億円超を調達

ベンチャーキャピタルEnergy Impact Partners、Climate Solutions Fundを立ち上げ1,100億円超を調達

ベンチャーキャピタル投資家のエナジー・インパクト・パートナーズは、気候変動対策に特化したテクノロジー企業への投資を目的とした最新ファンドの最終クローズを発表し、10億ドル(約1,100億円)以上の資金を集めた。

この新しいファンドには、Microsoft社のClimate Innovation Fundをはじめ、AvalonBay社、Duke Energy社、EDF社、Fortis社、Southern Company社など、ユーティリティー、エネルギー、不動産、モビリティー、インダストリアルなど、幅広い分野のパートナーや投資家が参加している。

EIPは、産業界のパートナーや投資家と協力して、彼らが自らのネット・ゼロや脱炭素化の目標を達成できるよう支援するとともに、気候変動投資ポートフォリオの成長を促進すると述べている。EIPは、重要な気候変動対策を推進するベンチャー企業や成長企業に投資し、戦略的パートナーとの連携を活用して企業の成長を支援している。EIPによると、産業界のパートナーの85%がポートフォリオ企業と連携しており、ポートフォリオの3分の2が1社以上のパートナーと連携しているとのことだ。

EIPの創業者兼マネージングパートナーであるハンス・コブラーは次のように述べている。

「私たちは、持続可能な未来を創造することに焦点を当てている公益企業と産業界のさらに大きな連合体をまとめることができ、とても嬉しく思っています。気候変動への対応は、大きな課題であると同時にチャンスでもあり、協力しなければ解決できません。当社独自のエンゲージメントモデルは、パートナーの技術革新を支援し、投資の成長を促し、その結果、短期的な気候変動への影響を最大限に高めることができます。」

【参照ページ】
(参考記事)EIP Closes over $1 Billion in Latest Flagship Fund to Accelerate the Global Push Toward Net Zero
(日本語訳)ベンチャーキャピタルEnergy Impact Partners、Climate Solutions Fundを立ち上げ約1,100億円を調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る