Ørsted、再生可能エネルギーによる電力供給100%の目標を全サプライヤーに拡大

8月10日、Ørstedは全サプライヤーの使用電力を2025年までに100%再生可能エネルギーに転換する目標を発表した。本コミットメントは、2020年に設立されたØrstedの既存のサプライチェーン脱炭素化プログラムからの学習に基づいており、業界初の科学的根拠に基づく2040年のネット・ゼロ目標をサポートするものである。

同社は2006年以来、スコープ1と2の排出強度を87%削減し、2025年までに自社のエネルギー生成と運用においてカーボンニュートラルを達成するための軌道に乗っている。Ørstedは、再生可能エネルギーの大規模な構築を継続し、科学と連携した気候変動対策に全面的に取り組んでいる。そのため、Ørstedは脱炭素化のための次のフロンティアとして、再生可能エネルギー資産の部品製造、輸送、設置、運用に関連するサプライヤーの排出量に対処するよう取り組んでいる。

目標達成のためには、サプライチェーン全体の協力と、サプライヤーの成功が不可欠である。同社は現在、再生可能エネルギー100%の電力目標を、戦略的サプライヤーからすべてのサプライヤーに拡大する措置をとっている。これは、遅くとも2025年までに、すべてのサプライヤーが、再生可能エネルギー源からの電力のみを使用した製品やサービスを提供することを期待するものである。

本目標により、Ørstedは、すべてのサプライヤーが、オンサイトの再生可能エネルギー発電設備への投資、資金確保が実現の鍵となる再生可能エネルギープロジェクトと関連した電力購入契約(PPA)の締結、あるいは再生可能電力証書の購入などにより、電力使用の100%を再生可能エネルギーで賄うことを期待している。Ørstedは、最適なソリューションを選択するために、再生可能エネルギー電気のガイドラインでサプライヤーをサポートする。

【参照ページ】
(原文)Ørsted extends its 100% renewable electricity target to all suppliers
(日本語訳)Ørsted、再生可能エネルギーによる電力供給100%の目標を全サプライヤーに拡大

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る