Ørsted、再生可能エネルギーによる電力供給100%の目標を全サプライヤーに拡大

8月10日、Ørstedは全サプライヤーの使用電力を2025年までに100%再生可能エネルギーに転換する目標を発表した。本コミットメントは、2020年に設立されたØrstedの既存のサプライチェーン脱炭素化プログラムからの学習に基づいており、業界初の科学的根拠に基づく2040年のネット・ゼロ目標をサポートするものである。

同社は2006年以来、スコープ1と2の排出強度を87%削減し、2025年までに自社のエネルギー生成と運用においてカーボンニュートラルを達成するための軌道に乗っている。Ørstedは、再生可能エネルギーの大規模な構築を継続し、科学と連携した気候変動対策に全面的に取り組んでいる。そのため、Ørstedは脱炭素化のための次のフロンティアとして、再生可能エネルギー資産の部品製造、輸送、設置、運用に関連するサプライヤーの排出量に対処するよう取り組んでいる。

目標達成のためには、サプライチェーン全体の協力と、サプライヤーの成功が不可欠である。同社は現在、再生可能エネルギー100%の電力目標を、戦略的サプライヤーからすべてのサプライヤーに拡大する措置をとっている。これは、遅くとも2025年までに、すべてのサプライヤーが、再生可能エネルギー源からの電力のみを使用した製品やサービスを提供することを期待するものである。

本目標により、Ørstedは、すべてのサプライヤーが、オンサイトの再生可能エネルギー発電設備への投資、資金確保が実現の鍵となる再生可能エネルギープロジェクトと関連した電力購入契約(PPA)の締結、あるいは再生可能電力証書の購入などにより、電力使用の100%を再生可能エネルギーで賄うことを期待している。Ørstedは、最適なソリューションを選択するために、再生可能エネルギー電気のガイドラインでサプライヤーをサポートする。

【参照ページ】
(原文)Ørsted extends its 100% renewable electricity target to all suppliers
(日本語訳)Ørsted、再生可能エネルギーによる電力供給100%の目標を全サプライヤーに拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る