KKR、GCM Grosvenorが米国の再生可能エネルギー開発企業Arevia Powerに出資

KKR、GCM Grosvenorが米国の再生可能エネルギー開発企業Arevia Powerに出資

8月22日、世界的なオルタナティブ資産およびプライベートエクイティ投資家であるKKRは、オルタナティブ資産運用ソリューションプロバイダーのGCM Grosvenorの参加を得て、再生可能エネルギー開発企業であるArevia Powerへの大規模なストラクチャード投資を行ったことを発表した。

本投資による収益は、Areviaによる米国全域での太陽光および風力発電プロジェクトの開発を支援する予定だ。

Mark BoyadjianとRicardo Grafによって2015年に設立されたAreviaは、再生可能エネルギープロジェクトのライフサイクルを通じて起案、許可、管理を行い、市場調査や立地の特定から蓄電池、融資、建設、電力購入契約などの活動を展開している。

今回の取引は、KKRにとってエネルギー転換に焦点を当てた一連の動きの中で最新のものとなる。最近の16億ユーロ(約2,200億円)での再生可能エネルギー生産者Albiomaの買収や、アジアに焦点を当てた再生可能エネルギー投資プラットフォームであるAster Renewable Energyの立ち上げなどがその例だ。2011年以降、KKRとその子会社は150億ドル(約2兆円)以上の株式を投入して再生可能エネルギー資産に投資しており、その発電容量は23GW以上に達している。

【関連記事】KKR、フランスの再生可能エネルギー事業者アルビオマ社を約2,200億円で買収
KKR、アジアで再生可能エネルギー投資プラットフォームを立ち上げ

Areviaは、今回の出資に加え、全米のクリーンエネルギー・ポートフォリオについて、責任ある請負業者方針を実行したことを発表した。本方針は、業務上の健康と安全、公正な賃金と福利厚生、将来の労働力育成に取り組み、高い技能を持つ労働力の確保を促進するものだ。

【参考ページ】
(原文)KKR Leads Investment in Arevia Power
(日本語訳)KKRがArevia Power社への投資を主導

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る