SAC、新しいメンバーシップモデルを立ち上げ

 

3月16日、Sustainable Apparel Coalitionは、売上高1億ドル以上の企業を対象とした新しいメンバーシップモデルを立ち上げ、より多くの業界関係者がビジネスの一環としてサステナビリティを取り入れることを推奨している。

新しい会員候補モデルは、SACの正会員になることが何を意味するのかについての洞察を企業に提供し、会員が期待することを明確にすることで、自社のサステナビリティ目標がSACおよびそのグローバル会員と一致しているかどうかをより適切に判断できるようにするものである。また、企業がSACに参加する機会を増やし、サステナビリティ向けてサポートを得ることができるようになる。

候補会員になると、企業はSAC会員コミュニティ、Higgプラットフォーム、バリューチェーンの社会・環境パフォーマンスと製品の環境影響を評価するHigg Indexツール(Higg施設環境モジュール(FEM)、Higg施設社会・労働モジュール(FSLM)、Higgブランド・小売モジュール(BRM)、Higg材料持続性指数(MSI)、Higg製品モジュール(PM)の全5種類)にアクセス可能になる。

候補会員になることを希望するすべての企業は、SACによって、適性、コミットメント、目標、能力などの一定の基準で評価される。候補会員になった企業は、最長2年間、SACの正式会員に移行することができる。

【参照ページ】
(原文)Sustainable Apparel Coalition launches new membership category to encourage more across the industry to set and achieve positive environmental and social impacts
(日本語参考訳)SAC、新しいメンバーシップモデルを立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る