「Copper Mark」、認証取得事業所の世界銅採掘量カバー率25%を突破

 

3月16日、銅のサステナビリティ認証「Copper Mark」は、認証取得事業所の世界銅採掘量カバー率が25%を突破したことを発表した。

銅、モリブデン、ニッケル、亜鉛の生産者が責任ある行動をとるための保証枠組みである「Copper Mark」が、新たに3事業所に付与された。これにより、Copper Markは39事業所に付与されたことになる。新たに加わったのは、以下の3事業所である。

  • チリ、Codelco’s División El Teniente
  • スウェーデン、Boliden Mineral AB (Rönnskär)
  • チリ、Lundin Mining’s Distrito Candelaria

39 拠点を合わせると、世界で採掘される銅の25%以上を生産していることになり、銅をはじめとする金属業界全体に責任あるビジネスと持続可能な生産基準を推進するというCopper Markの使命が大きく前進したことになる。

Copper Markはまた、鉱山、製錬所、精錬所、総合事業所を含む50以上の銅事業所が参加するという節目を迎え、銅のサプライチェーン全体から責任ある行動規範を推進することへの賛同が高まっていることを浮き彫りにしている。また、銅以外の8事業所が参加し、うち2事業所はすでにモリブデンマークを取得している。

【参照ページ】
(原文)Over 25% of global mined copper now produced by Copper Mark-awarded sites
(日本語参考訳)「Copper Mark」、認証取得事業所の世界銅採掘量カバー率25%を突破

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る