サーモ・フィッシャー、全世界で80%の再生可能エネルギーによる電力供給を約束

サーモ・フィッシャー、全世界で80%の再生可能エネルギーによる電力供給を約束

12月6日、ヘルスケアおよびライフサイエンスに特化したソリューションプロバイダーであるサーモフィッシャーサイエンティフィックは、2030年までに全世界で再生可能エネルギーによる電力を80%達成するという新たなコミットメントを発表した。

新たな目標は、2022年後半にサーモフィッシャーが発表した、2030年までに事業活動におけるスコープ1と2の排出量を50%以上削減するという目標に続くもので、目標達成に向けた取り組みの1つとして、自社施設における再生可能電力の導入を加速することによる化石燃料からの脱却が強調されている。同社はまた、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成するために、2026年までに米国内の全拠点を100%再生可能エネルギーで賄う計画も発表しており、昨年はエネルとの間で、米国内の電力消費量の半分に相当する再生可能エネルギーを供給する契約を結んだと発表した。

サーモフィッシャーは、新たなコミットメントと並行して、太陽光発電の開発業者であるイブ・ヴォグトと15年間の仮想売電契約(VPPA)を締結したことも発表した。

新しいVPPAは、生物分析試験会社のユーロフィンズ・サイエンティフィックも参加した統合契約の一部であり、サーモ・フィッシャーは、年間約19万2000メガワット時の再生可能電力を供給するib vogtのSerbal太陽光発電プロジェクトの91メガワット分を契約し、ユーロフィンズ・サイエンティフィックは、同プロジェクトの36メガワット分を受領する。スペインを拠点とするこの太陽光発電プロジェクトは、2025年1月に稼働する予定である。

【参照ページ】
(原文)Thermo Fisher Scientific Establishes 2030 Renewable Electricity Goal and Solar Power Purchase Agreement with ib vogt
(日本語参考訳)サーモ・フィッシャー、全世界で80%の再生可能エネルギーによる電力供給を約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る