ValeroとDarling、世界最大級のSAFプロジェクトに約406億円を投資

ValeroとDarling、世界最大級のSAFプロジェクトに約406億円を投資

1月31日、石油化学および燃料企業のValeroと、廃棄物を原料とした持続可能な製品と燃料を提供するDarling Ingredientsの合弁会社であるDiamond Green Dieselは、世界最大級の持続可能な航空燃料(SAF)施設を進めるための最終投資決定を発表した。本プロジェクトの総事業費は3億1,500万ドル(約406億円)との見積もりだ。

SAFは、現在、世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空産業の脱炭素化を促進する重要な手段の一つと考えられている。SAFは一般的に、廃油や農業残渣など、持続可能な資源から製造される。SAFは、従来の燃料と比較して、85%ものライフサイクルのGHG排出量を削減できる見込みだ。

Diamond Green Dieselは、Darlingの原料とValeroの生産・販売物流を組み合わせ、リサイクルされた動物性油脂、使用済み食用油、非食用コーン油から再生可能燃料を生産する。

新しいプロジェクトは、テキサス州ポートアーサーにあるValeroの製油所の近くにある同社の年間4億7,000万ガロンの再生可能ディーゼル工場で、工場の生産能力の約半分をSAFに提供する。

【参照ページ】
(原文)Diamond Green Diesel (DGD) Approves a Sustainable Aviation Fuel Project at Port Arthur, Texas
(日本語参考訳)ValeroとDarling、世界最大級のSAFプロジェクトに約406億円を投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る