オックスファム、気候変動による水不足の深刻化を報告。食料安全保障や海面上昇リスク

8月23日、国際NGOオックスファム・インターナショナルは、世界水週間に際し、地球温暖化が大きな要因となっている水危機の深刻化に関する報告書「Water Dilemmas」のシリーズ第一弾を発表した。本報告書では、気候変動が様々な地域の水の安全保障にどのような影響を及ぼし、飢餓や病気、避難民の増加につながるかを説明する。

報告書によると、2040年までに東アフリカの降水量は8%増加し、洪水と干ばつが繰り返されることで、地表流出量は30%増加する。土壌から栄養分を洗い流すため、インフラを破壊する可能性があるという。2030年までに、5,000万〜6,000万人以上の人々がマラリアの危険にさらされる可能性も指摘した。

水危機の結果、西アフリカ地域も同様の問題に見舞われる。両地域は、大量の移民、貧困と飢餓の増加、作物の変化と家畜の損失、水による紛争の増加の中で、8〜15%の猛烈な熱波と11〜15%の労働生産性の低下に直面している。

一方、中東地域では2040年までに降雨量が著しく減少するにともない、水位や河川流出量も減少し、食糧安全保障が悪化するという。熱波は16%増加し、労働生産性は7%低下する。

アジア諸国は海面上昇の影響を受け、2100年までに半メートル以上上昇する可能性がある。地表からの流出や氷河の融解とともに、特に何億人もの人々が暮らす沿岸部では、新鮮な地下水の帯水層に影響を及ぼすとした。報告書はまた、アジアにおける熱波の増加(8%)、労働生産性の低下(7%)を指摘し、貧困と移住の増加につながるとしている。マラリアやデング熱のような病気は183%も増加する。

オックスファムの計算によれば、気候変動が世界で最も深刻なホットスポットのうち10カ所では、気候変動の結果、2050年には慢性的な飢餓が3分の1まで増加すると予測されている。

2022年は、水と衛生のための世界的な国連人道支援要請額38億ドル(約5,600億円)のうち、わずか32%しか資金が提供されず、水不足のリスクが最も高い国でのインフラ整備は進んでいない。

【参照ページ】
(原文)“One in five water boreholes we dig now is dry or unfit for humans to drink” – Oxfam
(日本語参考訳)オックスファム、気候変動による水不足の深刻化を報告。食料安全保障や海面上昇リスク

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る