Tataグループ、英国に約7,292億円のギガファクトリーを建設へ

Tata、英国に約7,292億円のギガファクトリーを建設へ

7月19日、インドを拠点とするコングロマリット、Tata Groupは、英国に40GWhのバッテリーセル・ギガファクトリーを建設する計画を発表した。新工場の投資額は40億ポンド(約7,292億円)を超えると予想されている。

欧州最大級の電池セル製造施設となる新ギガファクトリーは、Tata Motors傘下のJaguar Land Roverをアンカー・カスタマーとし、英国と欧州の顧客にサービスを提供する。

本発表は、英国のスナク政権にとって大きな勝利となる。スナク政権は、持続可能な投資のハブとしての地位を確立することを目標に掲げているが、大規模な投資を呼び込むために、インフレ削減法やグリーン産業計画など、米国やEUの他の主要経済国が打ち出したクリーンエネルギーや産業パッケージへの対応が不十分であるとして、非難を浴びている。

Tata Groupは、再生可能エネルギーを最大限に活用し、100%クリーン電力を目指すことや、バッテリーのリサイクルのような技術やプロセスを使用して、元の原材料をすべて回収して再利用することなど、施設の持続可能性に焦点を当てた特徴を強調した。

新施設は、2026年に最初の立ち上げ段階を経て生産を開始する予定である。

【参照ページ】
(原文)Tata Group to Set Up a Battery Gigafactory in the UK
(日本語訳)Tataグループ、英国に 英国にバッテリー・ギガファクトリーを設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る