脱炭素建築の新興企業Bedrock Energy、約12億円を調達

 

10月16日、地熱冷暖房技術企業のBedrock Energyは、850万ドル(約12億円)のシードキャピタルを調達したと発表した。本資金調達で得た資金は、カーボンフリーのHVACシステムで不動産の脱炭素化を支援するソリューションを推進するために使用される。

建物は世界的な温室効果ガス排出の重要な原因であり、長期的な性質上、最も交換が難しいもののひとつである。全体として、建物は世界の炭素排出量の約15%に寄与していると推定され、冷暖房はその約35%を占めている。不動産所有者が資産の脱炭素化を迫られるなか、排出ガスを出さない地熱エネルギーは解決策を提供できる。特に、地熱システムの初期費用を相殺する連邦政府のインセンティブが大幅に設けられている。

2022年に設立されたカリフォルニア州を拠点とするBedrock Energyは、建物に地熱冷暖房を供給するための掘削技術を設計・製造している。同社の技術は自律掘削と高度な地下モデリングを組み合わせ、地熱プロジェクトのスピードとスペース効率を大幅に向上させ、密集した都市部での地熱空調の利用を可能にする。同社によると、本システムにより、不動産オーナーや投資家は大規模な不動産の脱炭素化を実現し、投資回収期間は5年以下となる。

立ち上げ以来、Bedrock Energyは掘削資産の設計・製造、地下物理モデリング・ソフトウェアの開発、多分野にまたがるチームの増強に注力してきた。同社によると、今回の資金調達で得た資金は、全電気式地中熱空調システムの経済性を向上させる技術の製造と展開を加速させるために使用される。

今回の資金調達ラウンドはWireframe Venturesが主導し、Overture Climate VC、Long Journey Ventures、Cantos、Toba Capital、First Star Ventures、Divergent Capital、Climate Capitalが参加した。

【参照ページ】
(参考記事)Bedrock Energy raises $8.5M for autonomous geothermal HVAC technology

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る