英国・財務報告評議会、ESG開示分野への注力を強化

FRC、「ESG Statement of Intent」を公開

1月30日、英国の規制機関である財務報告評議会(FRC)は、ESG報告に関する主要な課題として特定した領域と、ESGデータの利用・伝達方法、企業がステークホルダーにとってどの問題が重要であるかを評価する方法に焦点を当てた、これらの領域に対応するアクションの概要を示す「ESG Statement of Intent」を公開した。

本発表は、2021年にFRCが発表した最初のESG意思表明に続くもので、ESG情報の作成、監査・保証、流通、消費、監督、規制に関する根本的な問題に対処するためのESGに焦点を当てた複数の取り組みが開始され、また最近では、FRC全体の諮問機関であるFRC ESG Groupが、ESG課題への対応とステークホルダーニーズへの応答に焦点を合わせて設立されている。

この声明では、FRCが2023年に取り組む幅広い分野の概要を示しており、ESGデータの配布と消費に関するガイダンスとベストプラクティスの開発、企業の重要性プロセスの調査、企業がステークホルダーに適切で意思決定に有用な情報を確実に提供するための強化策の検討などが含まれている。

FRCは、財務報告作成者のための気候関連リスクに関するガイダンスを更新し、保険数理人が気候やその他のESG関連リスクを考慮するための要件を導入し、ESG報告の重要性の高まりを認識するためにコーポレートガバナンスコードを改訂すると発表している。

監査面では、FRCは、監査品質検査プロ グラムにおいて、監査済み財務諸表と 年次報告書の気候関連開示との関連 性を含む気候関連リスクに関する業務 に特に注意を払うと述べている。

【参照ページ】
(原文)FRC updates 2021 Statement of Intent on ESG
(日本語参考訳)FRCは、2021年のESGに関する意向表明を更新。

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る