米国25州の検事総長グループ、退職年金制度にESG投資を認める規則に関し、Biden政権を訴訟

退職年金制度にESG投資を認める規則を阻止するため、米国25州の検事総長グループがBiden政権を訴訟

1月23日、共和党寄りの米国25州の検事総長グループは、民間雇用者後援の退職年金制度(ERISA)で気候やESG要因を考慮することを認める労働省(DOL)の新法の実施を阻止する目的で、Biden政権を相手に訴訟を開始したと発表した。

本規則は1月30日に施行される予定である。「バイデン政権が表明している気候変動への対応など、投資におけるESG要素を促進するという名目で、1億5200万人の労働者(米国の成人人口の約3分の2、 総資産約1,561兆円 )の退職金に対する重要な保護が損なわれる」と両AGは訴訟で主張している。

この書簡は、米国の共和党政治家による継続的な反ESGの推進における最新の動きであり、大口投資家、法律事務所、委任状作成アドバイザリー会社を対象としたイニシアティブも含まれている。

今回の訴訟は、昨年末にDOLが、ERISAプランのファンドマネージャーが投資プロセスにESGを考慮することを認め、また受託者が委任状投票などの株主の権利を行使する際に気候やESG要因を考慮することを認める最終判決を発表したことを受けて行われたものである。

DOLの裁定は、これらのファンドにおける気候・ESG要因の統合を阻止しようとするトランプ政権の動きを大きく覆すものとなった。2020年6月、トランプ政権のDOLは、ERISAプランにおけるESG投資に事実上厳しい制限を設ける規則案を発表した。

投資家や他のサステナビリティ重視の団体から、この提案は時代遅れで逆効果であると非難する大きな反発があったが、同年末にDOLによって最終決定された。また、DOLは、ESGを重視する投資家にさらなる打撃を与え、投資運用会社が投資を通じて持続可能性の目標を推進する能力に影響を与え、ESG問題についての委任状投票は投資家の利益にならないと示唆する委任状投票に関する規則を発表した。

2021年5月、バイデン大統領は、連邦政府機関に気候関連の金融リスクを軽減するために行動する政策を実施し、投資家の貯蓄や年金をこれらのリスクから保護するのに役立つことを指示する行政命令の一環として、労働省にトランプ時代の規則の撤回を検討するよう指示した。これが、昨年末のDOLの提案につながった。

DOLの新ルールでは、ファンドマネージャーが必ずしも投資家の利益にならないESG要素を考慮する可能性があるという懸念に対応し、気候変動やその他のESG要素が投資に与える経済効果など「リスクとリターンの分析に関連すると受託者が合理的に判断した要素に基づく必要がある」ことを明確にした文章が追加された。

それにもかかわらず、純粋な財務的要因に焦点を当てるのではなく、投資プロセスにおいて非財務的要因を考慮することによってリスクを増大させることは、「恣意的かつ気まぐれ」であり、退職資産の保護を目的とするERISA規則に違反すると訴訟を提起しており、規則の実施を差し止めることを求め、裁判所に規則の破棄を要求している。

【参考ページ】
(原文)21 Attorneys General Pressure Advisory Firms to Dump ESG Rules, Alleging Wrongdoing
(日本語参考訳)21人の検事総長が、不正行為を理由に、アドバイザリー会社にESGルールの廃棄を迫る

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る