ダノン、プラスチック使用で提訴

ダノン、プラスチック使用で提訴

1月9日、ClientEarth、Surfrider Foundation Europe、Zero Waste Franceなどの環境保護・法的キャンペーン団体グループは、フランスに拠点を置く食品・飲料メーカーのダノンに、プラスチック使用への対応と、同社のプラスチックフットプリントによる環境影響の透明性を求める訴訟を提起したことを発表した。

ClientEarthによると、ダノンは世界の企業によるプラスチック汚染トップ10に入り、2021年にはエビアン、ボルヴィック、アクティビアなどのブランドの包装に75万トン以上のプラスチックを使用した。トップ10には他に、コカ・コーラ、ペプシコ、ネスレ、ユニリーバ、モンデリーズ、マース、プロクター&ギャンブル、フィリップ・モリス・インターナショナル、フェレロ・グループなどが名を連ねている。

本声明の中で、各グループは、ダノンがフランスの「警戒義務」法に基づくプラスチックフットプリントを削減する義務を果たしていないとしている。同法律は、大企業に対して、環境や人権に与える事業上の影響を評価し、防止するための警戒計画を策定することを求めている。

本団体は、ネスレ・フランス、ダノン、マクドナルド・フランス、カルフールなど、フランスで事業を展開する食品会社数社に対してキャンペーンを行い、計画をフランスの法律に合わせるよう警告した。ダノンは本キャンペーンに対応したものの、各団体は “対応が不十分であり、要求に十分に応えられなかった “と述べている。

【参照ページ】
(参考記事)French Food Giant Danone Sued Over Plastic Use Under Landmark Law

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る