裁判所、KLMオランダ航空に対するグリーンウォッシュ裁判の本審査を許可

6月8日、オランダの運動家が航空会社KLMを相手にグリーンウォッシングを主張して起こした訴訟は、アムステルダム地方裁判所から本審査に進む許可を得た。

環境NPOのFossielvrijとReclame Fossielvrijが提訴し、環境法律団体のClientEarthが支援した本訴訟は、航空会社の「Fly Responsibly」広告に対し、KLM便が深刻化する気候危機に寄与しないことを示唆する広告やオフセットマーケティングはEU消費者法が定める基準に違反していると主張している。

グリーンウォッシングを理由とする法的措置は、エネルギー大手TotalEnergiesが「エネルギー転換の主要プレーヤー」と主張したキャンペーンをめぐって訴訟を起こすなど、最近、主要な炭素集約型産業の企業に対して活発化している。

KLMのFly Responsibly広告に対する法的措置は、航空会社や業界全体が持続可能な航空に進んでいるという印象を与えることで、KLMのフライトのサステナビリティや気候影響への対処計画について誤った印象を与え、欺瞞的であると述べている。

訴状によると、バイオ燃料や合成燃料の使用といった航空業界の気候変動対策は、フライトを持続可能にするには十分ではないと主張している。また、フライトを予約した乗客がカーボンオフセット製品を使用して「影響を軽減」できるKLMのCO2ZEROサービスは、植樹によってフライトによる排出量を相殺または削減できることを示唆しているため、誤解を招くとされている。

また、2050年までのネット・ゼロの目標は「より持続可能な未来を創る」という航空会社の主張にも異議を唱えており、ClientEarthは、航空会社の成長計画との矛盾を指摘している。

【参照ページ】
(原文)‘Greenwashing’ lawsuit against KLM to proceed, Dutch court rules
(日本語訳)裁判所、KLMオランダ航空に対するグリーンウォッシュ裁判の本審査を許可

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る