Persefoni、企業がサプライヤーからスコープ3排出量データを収集するためのツールを提供開始

6月7日、気候管理・会計プラットフォーム(CMAP)プロバイダーのPersefoniは、企業がサプライヤーと協力して正確なスコープ3排出量データおよびサプライヤーの気候目標に関する情報を収集するための新しいモジュール「Scope 3 Data Exchange」を開始したことを発表した。

本ソリューションは、一般的に企業の気候変動フットプリントの大部分を占めるバリューチェーン(Scope 3)排出量の報告が注目されるようになり、特に欧州や米国、グローバルスタンダードなどの主要な規制報告体制が、今後数年のうちにサプライチェーン排出量の開示を義務付けることになるため、提供された。例えば、IFRS財団は最近、Scope 3報告を含む新しい気候・持続可能性報告基準を2024年に発効させると発表した。

しかし、バリューチェーンの気候データを収集し報告する必要性が高まっているにもかかわらず、Persefoniは、最近のCDPの調査を引用して、約半数の企業がまだScope 3情報を報告していないと指摘した。

CDPは報告書の中で、バリューチェーンにおけるデータの透明性とトレーサビリティの制限、データの質と粒度の低さ、データ抽出のための自動化ツールの欠如、ほとんどのScope 3カテゴリーに対する影響力の制限、規制環境の変化など、Scope 3報告を阻む一連の課題を挙げている。

Persefoniによると、本ソリューションは、企業がサプライヤーからの実際のデータを使用できるようにすることを目的としており、サプライヤーと大規模に関わることで、より良い排出量報告やより正確な気候目標の追跡を促進することを目的としている。

本ツールの主な特徴は、あらゆるサプライヤーへの監査可能なデータ要求、サプライヤーの排出量、配分方法と割合、サプライヤーの収益、気候変動目標などの情報を収集できるカスタマイズ可能な要求フォーム、すべてのサプライヤー要求を追跡・管理できることである。

【参照ページ】
サプライヤーや投融資先機関からのデータ収集を合理化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る