BlueMark、約13億円の資金調達

インパクト検証スタートアップBlueMark、約13億円の資金調達

4月18日、インパクト検証スタートアップであるBlueMarkは、S&Pグローバルが主導するシリーズA資金調達ラウンドで、1,000万ドル(約13億円)を調達したと発表した。本資金調達は、BlueMarkがアジアに焦点を当て、業界や地域を超えてプレゼンスを拡大していることに伴うものである。

2020年に設立されたニューヨークのBlueMarkは、インパクト投資コンサルタント会社Tidelineからスピンオフした会社で、インパクト投資のプロセスに説明責任と信頼をもたらすことを目的として設立された。同社は、投資家や企業に対して独立したインパクト検証サービスを提供しており、投資家のインパクト戦略の実行に必要な方針、ツール、プロセスを含むインパクトマネジメントの実践や、インパクト報告の完全性・信頼性の分析も行っている。

現在までに、BlueMarkは投資家のために125の検証を完了し、2,060億ドル(約27兆円)のインパクト資産運用を網羅している。

本資金調達ラウンドには、S&Pグローバルに加え、テマセク・トラスト・キャピタルのファミリーオフィスであるBlue Haven Initiative、Gunung Capital、Tsao Family Officeが新たに参加した。また、既存の投資家であるフォード財団とRadicle Impactも参加した。

【参照ページ】
(原文)BlueMark Raises $10 Million in Series A to Accelerate Adoption of Its Market-Leading Impact Verification Services, Benchmarks, and Analytics
(日本語参考訳)インパクト検証スタートアップBlueMark、約13億円の資金調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る