シンガポール、アジアのネット・ゼロ移行に向けた資金調達のための行動計画を発表

シンガポール、アジアのネット・ゼロ移行に向けた資金調達のための行動計画を発表

4月20日、シンガポールの中央銀行および金融規制機関であるシンガポール通貨庁(MAS)は、アジアにおけるネット・ゼロ移行およびシンガポールの脱炭素化を促進するための資金調達戦略を更新し、「Finance for Net Zero(FiNZ)アクションプラン」を開始することを発表した。

新計画では、気候データへのアクセス改善や金融機関による情報開示の促進、気候リスクマネジメントの強化など、さまざまなアクションが目標とされている。

本計画は、MASが2019年にアジアの低炭素化を促進するための最初の計画である「グリーンファイナンス行動計画(GFAP)」を発表したのに続き、GFAPの範囲をトランジションファイナンスに拡大し、発電、建物、輸送などの分野の脱炭素化に必要な投資、融資、保険、関連サービスを包含している。

副首相兼財務大臣であるローレンス ウォンは、本計画が目標とする主要な戦略的成果と現在進行中のイニシアティブについて説明した。これには、金融市場参加者によるESGリスク・エクスポージャー評価を可能にするために、気候やサステナビリティに関するデータの信頼性と比較可能性を高めること、管轄区域を超えたグリーン分類法の相互運用性を高めること、ISSB基準に沿った気候情報開示を可能にするために企業のサステナビリティ報告における能力を高めることなど、「データ、定義、開示」という3つの要素が含まれている。

【参照ページ】
(原文)MAS Launches Finance for Net Zero Action Plan
(日本語訳)MAS、「Finance for Net Zero」アクションプランの策定を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る