SSCI、環境ワーキンググループEWGを発足

2月14日、消費財フォーラム(CGF)の持続可能なサプライチェーンイニシアティブ(SSCI)は、新たに設置した環境ワーキンググループ(EWG)の参加者を発表した。SSCIは、消費財業界のベンチマークとして、世界中のサステナビリティ基準の信頼と調和を促進するために、SSCIベンチマークの範囲を社会から環境のサステナビリティに拡大するベンチマーク基準を開発するEWGを発足させた。

消費財フォーラム(CGF)は、世界中の消費財業界に役立つ実践と標準の世界的な採用を奨励するために、会員によって推進されている、パリティに基づくグローバルな業界ネットワークである。70カ国にわたる約400社の小売業者、メーカー、サービスプロバイダー、その他の関係者のCEOや上級管理職が集まり、地理的、規模、製品カテゴリー、フォーマットなど、業界の多様性を反映している。加盟企業の売上高は3兆5,000億ユーロ(約500兆円)で、1,000万人近くを直接雇用し、さらにバリューチェーンに沿って9,000万人の関連雇用があると推定されている。

CGFの持続可能なサプライチェーンイニシアティブ(SSCI)は、第三者による監査や認証プログラムをベンチマークし、業界の期待に応えるスキームを認定することで、世界中のサステナビリティ基準への信頼を構築している。SSCIは、認定プログラムのオープンソースリストを用い、どのスキームが主要なサステナビリティ基準をカバーし、関連する検証方法を適用しているかについての明確なガイダンスを提供する。SSCIは、市場の透明性を向上させ、バイヤーとサプライヤーの両レベルでスキームに関する意思決定を促進し、業界の責任ある調達への期待を設定する。

【参照ページ】
(原文)Sustainable Supply Chain Initiative Launches Environmental Working Group Chaired by International Fresh Produce Association

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る