WBCSD、廃水ゼロに向けたフレームワークを開発

 

2月15日、持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)は、廃水が気候・生物多様性・水の安全保障に与える影響を低減するビジネスアクションを推進するために、廃水ゼロコミットメントのフレームワークを開発した。

本取り組みは、2020年にWBCSDが発表した報告書「廃水ゼロ – SDG6.3の野心を高めるためのビジネスへの行動要請」の続編であり、産業廃水汚染の問題に取り組むための6項目の行動フレームワークを提供するものである。

SDGs6.3(未処理廃水の割合を半減し、リサイクルと安全な再利用を大幅に拡大する)の達成に向け、企業は「廃水ゼロ」に取り組む必要がある。 企業のコミットメントには、以下3つの柱がある。

  • 汚染ゼロ:すべての排水を処理し、環境への有害物質の排出をゼロにする
  • 淡水への影響ゼロ:水の再利用とリサイクルの比率を高める
  • 低炭素処理:低炭素な廃水処理プロセスの採用

本コミットメントは、企業が意欲的な目標を設定し、事業活動やサプライチェーンにおいて行動を起こすことを奨励することにより、2030年までに産業排水の汚染をなくすことを目的としている。

事業者は自社施設とそのサプライチェーンにおける3つの柱に対するコミットメントを定量化・定性化し、毎年進捗を報告することが義務付けられている。

【参照ページ】
(原文)Wastewater Zero Commitment: Guidance document
(日本語参考訳)WBCSD、廃水ゼロに向けたフレームワークを開発

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る