Scottish Widows、タバコと化石燃料企業の保有株を約2,400億円売却

3月29日、スコットランドの生命保険及び年金会社であるScottish Widowsは、ESG投資除外方針の改定を発表した。タバコ会社を除外リストに加え、化石燃料に関する規則を厳格化した。改訂された方針に基づき、同社はポートフォリオから15億ポンド(約2,409億円)相当の投資を売却し、ESGリスクに基づく売却の総額は30億ポンド(約4,819億円)に達する予定だ。

Scottish Widowsの修正方針によると、同社は今後、収益の10%以上をタバコから得ている企業を保有しない。これは、すべてのタバコメーカーと大手流通業者を対象とするが、スーパーマーケットなど、タバコから少量の収益を得ている企業は対象外である。Scottish Widowsは、本方針を説明する文書を発表し、タバコの保有は責任ある投資戦略とは相容れず、投資リスクをもたらすと述べた。

また、同社は化石燃料投資の基準値を改定し、従来の10%から一般炭やタールサンドの採掘から得られる収益が5%以下の企業のみに投資する。

Scottish Widowsは、改訂された方針を実施するために、指数・データ・分析プロバイダーのFTSE Russellと協力して、BlackRockが運用するパッシブファンド用に様々な特注指数を構築した。本インデックスは、新たな除外項目に加え、物議を醸す兵器の製造業者や国連グローバル・コンパクトの違反企業など、Scottish Widowsの既存のESGスクリーニングもカバーしている。

【参照ページ】
(原文)Scottish Widows cuts out $2 billion of tobacco, coal investments
(日本語訳)スコティッシュウィドウズは20億ドルのタバコ、石炭への投資を削減

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る