British Airways、一部のフライトでSAFを使用開始

British Airways、一部のフライトでSAFを使用開始

3月28日、British Airwaysは、Phillips 66から初となるSAFの納入を発表した。これにより、従来のジェット燃料と比較してライフサイクル排出量を80%以上削減できるSAFで、多くのフライトを運航することが可能になる予定だ。

今回の納入により、British Airwaysは、英国で商業的に生産されたSAFの使用を開始した世界初の航空会社となった。

本発表は、昨年British AirwaysとPhillips 66との間で締結された複数年のSAF供給契約に続くものだ。本契約により、British Airwaysは、ロンドン-ニューヨーク間のCO2排出量ゼロのフライト700便分に相当する、約10万トンのCO2排出量を削減するSAFを購入する予定だ。

SAFは、イミンガム近郊にあるPhillips 66のハンバー製油所で生産されている。本燃料は、サステナブル・ウェイストを原料として生成され、英国の空港に直接供給される既存のパイプラインインフラを通じて、British Airwaysに供給される予定だ。

【参照ページ】
(原文)BRITISH AIRWAYS TO POWER A NUMBER OF FLIGHTS WITH SUSTAINABLE AVIATION FUEL AS IT MARKS THE DELIVERY OF ITS FIRST SUPPLY FROM PHILLIPS 66 LIMITED
(日本語訳)British Airways、一部のフライトでSAFを使用開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る