欧州委員会の専門家グループ、EUタクソノミーの拡大と新カテゴリーの追加を提案

3月29日、欧州委員会の専門家グループ「Platform on Sustainable Finance」は、EUタクソノミーを大幅に拡大し、経済的に著しい悪影響を及ぼす経済活動や、中程度のパフォーマンスまたは全体的に影響が小さい経済活動のカテゴリーの追加を提案する、新たな報告書を公表した。

専門家グループによると、本提案は、環境パフォーマンスの改善が急務の分野、あるいは移行が不可能な分野からの撤退のための資金の流れや投資を促進し、より多様な経済活動を分類の枠組みの中に取り込むことを目的としている。

EUタクソノミーの規制は、EU Taxonomy Climate Delegated Act(CDA)の承認後、今年初めに発効し、まず最初の2つの目的である気候変動の緩和と気候変動への適応からスタートした。残りの目標には、水・海洋資源の持続可能な利用と保護、循環型経済への移行、廃棄物の防止とリサイクル、汚染の防止と制御、健全な生態系の保護が含まれている。

本報告書によると、現在のタクソノミーは、「気候変動や環境危機の解決に実質的に貢献する活動への資金調達を支援するための強固な定義と透明性のある報告」を目的としているが、拡大した枠組みは、現在有害である分野の改善のための資金調達を支援するための投資を集めることにも役立つと考えられる。さらに、経済的にプラスまたはマイナスの影響がほとんどない経済活動については、現行制度で分類されないことで、「グリーンではない」というネガティブなシグナルを誤って発してしまう可能性があると指摘している。

本報告書の主な提言には、有害性の低いパフォーマンスへの転換計画の一環として、タクソノミー上認識された投資を可能にするために、重大な被害を避けるために緊急の転換を必要とする持続不可能なパフォーマンスを分類すること、およびこれらの活動のうち改善できないものを特定し、撤退または廃止のための資金を利用することが含まれている。また、著しく有害なパフォーマンスと実質的な貢献度の間での活動のための「Amber」または中間カテゴリー、および低環境影響(LEnvI)活動のためのカテゴリーを導入し、事業者がその活動が環境や社会に害を与えないことを証明することを提言している。

【参照ページ】The Extended Environmental Taxonomy

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る