カリフォルニア州議会、スコープ3やTCFD開示の法定義務化州法が可決

9月11日、カリフォルニア州議会は、年間総収入10億ドル(約1,493億円)以上のカリフォルニア州内の企業に対し、金融機関のポートフォリオに起因する排出量を含め、事業およびサプライチェーンにおける全排出量の開示を義務付けることで、企業の責任を問う重要な法案である「Climate Corporate Leadership and Accountability Act(気候変動企業リーダーシップおよび説明責任法)」上院法案を可決した。法案は現在、知事の署名を待っている。

多くの大企業は、カリフォルニア州全域で記録的な利益を上げ続けているが、その一方で、汚染されたビジネス慣行はカリフォルニア州の地域社会に深刻な被害をもたらしている。SB253は、カリフォルニア州でビジネスを展開する大企業が、気候危機の最悪の影響を悪化させないようにするものである。

法案は、これらの企業の排出量の透明性を高め、カリフォルニア州の規制機関、投資家、消費者に、汚染企業の責任を追及するために必要な情報を提供する。SB253により、カリフォルニアの地域社会は、取引する企業について十分な情報を得た上で決定することができるようになり、州は、これらの企業から排出される温室効果ガスの最悪の発生源を特定し、削減するために必要なデータを提供することができる。

【参照ページ】
(原文)SB-253 Climate Corporate Data Accountability Act.
(日本語参考訳)SB-253 気候変動企業データ説明責任法

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る