食品・ユニフォームサービス企業Aramark、食品のカーボンフットプリント削減を約束

食品・ユニフォームサービス企業Aramark、食品のカーボンフットプリント削減を約束

6月13日、食品、施設管理、ユニフォームサービス会社のAramark(アラマーク)は、米国で提供する食品に関連する温室効果ガス(GHG)排出量を2030年までに25%削減するという新たな目標を発表した。新しい誓約は、世界資源研究所(WRI)の「Cool Food Pledge」への新たな署名者として、同社が行った公約の一部を成すものである。

WRIのCool Food Pledgeは、食品による気候への影響を軽減するために、科学的根拠に基づく目標を設定し、目標達成の支援を目的としている。署名企業は、2030年までに25%の削減を約束するとともに、より気候にやさしい食品を提供するための戦略的計画プロセスの指導を受け、クールフードチームと協力して顧客や従業員の関心を引き、成果を宣伝する。

WRIは、クールフード計算機と企業の食品購入におけるGHG排出量を測定する方法論を開発し、進捗を評価・追跡する基準となる調達食品の総気候フットプリントを提供している。また、Cool Foodラベルプログラムは、2030年の気候目標達成に必要な食品関連の排出量レベルに沿って、どのメニューが低炭素フットプリントであるかを消費者に伝える。

今年初め、アラマークは、2022年春学期に米国を拠点とする10校の大学でクールフードミールを展開する計画を発表した。

【関連記事】Aramark、米10大学で気候変動に配慮したクールフードミールを展開

同社は、2023年1月に米国内のすべての高等教育、職場体験、ヘルスケア+のアカウントへクールフードミールの提供を目指すと述べた。クールフードミールのメニューは、今後、米国内の約1,500カ所に拡大させる予定である。

【参照ページ】
(原文)Aramark Commits to Reducing Greenhouse Gas Emissions From the Food It Serves by 25 Percent by 2030
(日本語訳)Aramark、2030年までに食事からの温室効果ガス排出25%削減を約束

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る