SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変動の抑制という世界的な目標に合致させることに焦点を当てた重要な組織のひとつで、企業のネット・ゼロ目標設定の基準において、排出削減クレジットのような環境属性証明書の使用をスコープ3のバリューチェーン排出への取り組みに拡大する計画を発表した。

SBTiは、科学的根拠に基づく環境目標設定を標準的な企業慣行として確立することを目標に2015年に設立された。組織の主な機能には、気候科学に沿った排出削減とネット・ゼロ目標のベストプラクティスの定義と推進、科学に基づく目標を設定する企業への技術支援の提供、排出削減目標の独立した評価と検証を企業に提供することなどがある。

同組織は、2021年に旗艦となる「コーポレート・ネット・ゼロ・スタンダード」を立ち上げ、ネット・ゼロ・エミッション達成に向けた企業の脱炭素化コミットメントを評価・認証し、企業の科学的根拠に基づく気候変動目標設定の青写真として活用している。初期基準の基準によると、科学的根拠に基づくネット・ゼロでは、2050年までに90~95%の脱炭素化を達成し、まだ削減できない残余の排出量を中和する必要がある。

SBTi理事会による新たな決定は、SBTiが今年初めに発表した、スコープ3排出量への取り組みに関する追加ガイダンスを含む、コーポレート・ネット・ゼロ基準の改訂計画に続くものである。

スコープ3排出は、サプライチェーンや製品の使用など、企業が直接管理できないバリューチェーン領域で発生するもので、一般的に測定と管理が最も難しいが、ほとんどの企業の排出影響の大部分を占めており、多くの場合、排出量全体の90%以上を占めている。

SBTiが9月に発表した証拠募集によると、環境属性証明書には、電力のエネルギー属性証明書や、グリーン水素、グリーンガス、持続可能な航空燃料証明書などのその他のエネルギーキャリア証明書、排出削減クレジット、グリーンスチールなどの特定の排出係数を伝える認証商品などが含まれる。

その結果、SBTiは、スコープ3に関連する排出量の削減を目的として、現行の制限を超えて使用することを決定した。

この決定は、炭素クレジットのようなエネルギー属性証明書の市場に大きな影響を与える可能性があり、世界中の何千もの企業による利用を拡大する。SBTiは最近、科学的根拠に基づく気候変動目標を設定した企業数が過去1年間で2倍以上に増加し、2023年末時点で4,204社(2022年時点の2,079社)に達したと報告し、次のような大規模なスケールアッププロセスを発表した。

改定された基準におけるエネルギー属性証明書の使用は、スコープ3の排出削減に限定され、理事会は、基準に「具体的なガードレールと閾値、およびこれらの証明書に適用される規則」が含まれると述べた。さらに理事会は、SBTiはカーボン・クレジットの検証には関与せず、「この活動を扱うのに適した」他の組織に委ねると付け加えた。
声明では、SBTiは2024年7月までに、環境属性証明書の潜在的な使用に関する基本規則、基準値、ガードレールを含む草案を発行することを目指すと述べている。

【参照ページ】
(原文)Statement from the SBTi Board of Trustees on use of environmental attribute certificates, including but not limited to voluntary carbon markets, for abatement purposes limited to scope 3
(日本語参考訳)スコープ3に限定された削減目的のための自主的な炭素市場を含むがこれに限定されない環境属性証明書の使用に関するSBTi理事会の声明

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る