4月11日、電池材料を開発するAllotrope Energyは、木材などのバイオマテリアルから高レートの電池材料を製造する技術を発展させることを目的として、Suzano Venturesからの投資により670万ドル(約9億円)を調達した。

Suzano Venturesは、パルプ・紙メーカーのSuzanoが2022年に立ち上げたグローバルベンチャーキャピタルで、ユーカリバイオマスの新しい用途、持続可能なパッケージ、林業技術、炭素などの分野で初期段階の企業に投資している。本発表は、同ファンドの最初の投資となる。

2016年に設立された英国のAllotropeは、他のリチウムイオン技術に関連する安全上の危険性を低減しながら、内燃機関車の燃料補給と同様に大幅に速い充電時間を可能にするエネルギー貯蔵アプリケーション用の高レート炭素アノードの能力を大幅に改善できる技術を開発している。

同社の技術の電池材料は、生体材料から抽出した炭素から作ることができ、両社は、Suzanoのパルプ製造工程で副産物として生産される生体材料から炭素を抽出することを示した。また、本技術では、コバルト、ニッケル、希土類金属など、サプライチェーン不足やコスト上昇などの課題を抱える材料の使用を回避することができる。

また、AllotropeとSuzanoがパートナーシップ契約を締結し、ブラジルとカナダにあるSuzanoのチームがAllotropeの技術の革新と商業化を支援し、電池のグローバルなサプライチェーンと市場の開拓を支援すると述べている。

【参照ページ】
(参考記事)UK’s Allotrope Energy raises ‘up to’ $6.7 million to make batteries from trees as it enters a partnership with pulp producer Suzano
(日本語訳)木から電池を作るスタートアップAllotropeが670万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る