JetBlue、「カーボン・マイナス」SAFの購入に合意

JetBlue、「カーボン・マイナス」SAFの購入に合意

12月2日、JetBlueは、Fidelis New Energyと、バイオマスエネルギーで製造され、炭素回収・貯留によりライフサイクル炭素強度がマイナスとなる9200万ガロンの持続可能な航空燃料(SAF)を購入する契約を締結したことを発表した。

両社によると、SAFは2025年を目標に5年間かけて供給される予定である。

SAFは、航空業界を脱炭素化するための重要なツールの一つと考えられており、一般的に化石燃料ではなく、廃油や農業残渣などの持続可能な資源から製造されている。SAFは通常、従来のジェット燃料と比較して、ライフサイクルでの二酸化炭素排出量を約80%削減する。

ルイジアナ州にあるFidelisのGrön Fuels GigaSystemで製造されるSAFは、既存および新規の低炭素原料を幅広く使用し、炭素回収と隔離を統合して廃熱を発電に利用し、炭素回収と隔離(CCS)およびCCS付きバイオマスエネルギー(BECCS)を統合して副産物からバイオガスを生産し、負のライフサイクル炭素強度を達成するよう設計されている。

Grön Fuels GigaSystemは、北米で最大かつ最も効率的な再生可能燃料施設として建設され、年間10億ガロン(1日あたり6万5000バレル)のSAF、再生可能ディーゼル、その他低炭素製品を生産すると推定されている。Fidelisは、本施設から年間約500万トンの生物起源CO2を永久的に隔離することを見込んでいる。

またJetBlueは、昨年、2030年までにジェット燃料の10%を混合燃料にするという目標と、2040年までに炭素排出量ゼロを達成するという目標を発表している。

【関連記事】
JetBlue、CO2を回収した持続可能な航空機用燃料を2,500万ガロン発注
JetBlue、法人顧客向けに出張時の排出量を削減・報告するプログラムを開始

【参照ページ】
JetBlue and Fidelis New Energy Sign Agreement for 92 Million Gallons of Sustainable Aviation Fuel

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-6-5

    人権デューデリジェンスとは何をすればよいか。海外事例から学ぶ。

    人権デューデリジェンスとは、事業活動の中で人権を侵害するような行為がないか調査して対応することであ…
  2. 世界の太陽光発電への投資額、史上初めて石油を上回る:IEA

    2023-6-2

    世界の太陽光発電への投資額、史上初めて石油を上回る:IEA

    5月25日、国際エネルギー機関(IEA)は、報告書「世界エネルギー投資2023」を発表した。クリー…
  3. 2023-6-2

    ICMA、LuxSEと共にESG債データベース公開

    5月17日、国際資本市場協会(ICMA)とルクセンブルク証券取引所(LuxSE)は、ICMAのサス…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る