JetBlue、法人顧客向けに出張時の排出量を削減・報告するプログラムを開始

JetBlue、法人顧客向けに出張時の排出量を削減・報告するプログラムを開始

1月5日、JetBlueは「JetBlue Sustainable Travel Partners program」を立ち上げ、法人顧客向けに出張時の排出量削減と評価のための一連のサービスを展開することを発表した。

航空業界は、温室効果ガス(GHG)排出の大きな要因として注目されており、世界の排出量の2~3%を占めている。また、多くの企業では、スコープ3(企業が直接管理できない排出量)の大きな部分を占めている。JetBlueは、この新しいプログラムを通じて、企業が自らのサステナビリティ目標を達成できるよう支援することを目指しており、その目標にはスコープ3排出量の削減が含まれるようになっている。

本プログラムでは、持続可能な航空燃料(SAF)証明書の購入による排出量削減、JetBlueが運航するすべての国内線における無料のカーボンオフセット、排出量報告のための個別の出張データおよび分析などのリソースを提供している。また、プログラムでは、お客様の出張に伴う排出量削減目標の設定や、目標達成に向けたより持続可能な出張の意思決定を促進するための行動の推奨など、持続可能な出張に関するコンサルティングやツールも提供している。

このプログラムの開始は、JetBlueが昨年、2040年までに炭素排出量純ゼロを達成し、総燃料使用量の10%を持続可能な航空燃料(SAF)に転換する目標や、役員報酬とESG目標との関連性を追加するなど、いくつかの新しい持続可能性イニシアティブを導入したことを受けたものである。ここ数カ月、JetBlueはSAFを調達するための多くの取引を発表しており、同社は2030年のSAF目標を予定より早く達成する見込みであるとしている。

【参照ページ】
(原文)JetBlue Introduces ‘Sustainable Travel Partners’ Program Empowering Corporate Customers to Enhance the Sustainability of their Business Travel
(日本語訳)JetBlue、法人顧客向けに出張時の排出量を削減・報告するプログラムを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る