韓国政府、外食・小売に厳格なプラスチック規制を導入

韓国政府は「使い捨て用品使用規制除外対象」の内容を改正し1月6日に告示した。

コロナなどの理由で一時的に許可されたカフェなど食品接客業店舗内のプラスチックカップなど1回用品の使用が2022年4月1日から再び禁止される。2022年11月24日からは、使い捨ての紙コップとプラスチックで作られたストローや箸の棒も使用できない。

また12月から全国単独住宅地域で透明ペットボトル別途分離排出制度を本格的に施行する。リサイクル廃棄物を排出する際は、透明ペットボトルを一般プラスチック類とは別に区分して排出しなければならない。

別途分離排出された透明ペットボトルは高品質再生原料としてリサイクルされ、服やバッグなどに再利用される。2022年は韓国にとってリサイクル市場の活性化、リサイクル製品の競争力強化など循環型経済構築の1年となるとみられている。

【参照ページ】
(原文)4월부터 카페 매장 내 1회용 플라스틱 컵 사용 다시 못한다
(原文)단독주택에서도 투명페트병 별도 분리배출 본격 시행

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る