フィリップス年金基金、SDGsに整合したテーマ投資への移行を発表

フィリップス年金基金、SDGsに整合したテーマ投資への移行を発表

12月20日、フィリップス年金基金は資産運用会社のBlackRockと共同で、iSTOXX PPF Responsible SDGインデックスを開始し、持続可能な開発目標(SDGs)に整合する4つの分野のテーマ投資に移行することを発表した。

フィリップス年金基金は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支持することを決定し、5,000人以上の会員にアンケート調査を行い、会員の期待値を把握した。調査の結果、会員はエンゲージメントと投票を重要視する一方で、同年金基金にとって最も重要な特定のSDGsと連携し、持続可能な未来に貢献する企業へと投資の方針を固めることが明確に示された。

同年金基金が採用するSDGsの4つのテーマは、「目標3:すべての人に健康と福祉を」「目標11:住み続けられるまちづくりを」「目標12:つくる責任つかう責任」「目標13:気候変動に具体的な目標を」である。

本インデックスは、選択された4つのSDGsに積極的に貢献する製品やサービスを販売する企業のポートフォリオ全体のウェイトを20%以上高めるように設計されている。また、売上高1ユーロあたりの温室効果ガス排出量を標準ベンチマークと比較して30%削減するとしている。さらに、ISS ESGのデータセットを使用することで、持続可能な開発目標を妨害している企業の除外も行う。

本インデックスは、特定のSDGsに貢献する製品やサービスによる収益の割合に基づいて企業を分類するSDI AOP(sustainable development investment asset owner platform)データなど、複数のESGデータセットを使用して構築されている。

【参照ページ】
(原文)Responsible investment choices focused on 4 sustainable development goals
(日本語訳)Philips Pensioenfonds、SDGsに整合したテーマ投資への移行を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る