Sustain.Life、中小企業向け排出量データ・報告プラットフォームの構築に向け1,600万ドルを調達

Sustain.Life、中小企業向け排出量データ・報告プラットフォームの構築に向け、1,600万ドルを調達

5月16日、中小企業に特化したソフトウェアプラットフォームSustain.Lifeは、排出量データと報告ソリューションの構築とユーザーベースの拡大を目的として、1600万ドルのシード資金の調達を発表した。

Sustain.Lifeは、WalmartやJet.comの元幹部を含むチームによって2021年に設立され、企業が社内業務やサプライチェーンからの二酸化炭素排出量や環境への影響を測定・管理し、進捗状況を顧客、投資家、従業員に報告するための支援を中心に展開している。また、進化する報告フレームワークへのコンプライアンスを確保するための企業向けツールも提供している。

Sustain.Lifeによると、世界の大企業よりも大きな割合を占める中小企業は、サステナビリティ・プログラムを実施するためのリソースが不足していることが多い。同社はこの市場ニーズに対応し、企業が炭素会計や気候変動対策プログラムを立ち上げ、ネット・ゼロを達成し、持続可能性がもたらすビジネス上の利益実現をより身近なものにしている。

本投資ラウンドは、ベンチャーキャピタルファンドのTapestry VCとSustain.Lifeの共同創業者であるMike Hanrahanが共同でリードした。Hanrahanは以前Jet.comを共同設立し、当時史上最大のEコマース買収案件であったWalmartによる同サイトの買収を主導した人物である。

【参照ページ】
(原文)Press release: Sustain.Life raises $16M to empower climate action
(日本語訳)Sustain.Life、中小企業向け排出量データ・報告プラットフォームの構築に向け、1,600万ドルを調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る