Sainsbury’s、丸鶏のトレーレス化で年間1,000万個以上のプラスチックを削減

 

4月3日、Sainsbury’sは、使い捨てのプラスチックトレイをパッケージから取り除いた「by Sainsbury’s whole chicken」シリーズをトレーレス化したと発表した。プラスチック使用量を最低でも50%削減することで、年間140トンのプラスチックを節約できると推定される。

トレーレスの商品は、英国内の全店舗とオンラインで購入でき、お客様が家庭で処分しなければならない使い捨てプラスチックの量を減らすのに役立つ。本変更により、Sainsbury’sのホールチキンの特小から特大サイズまでの全商品を含む、計5商品が対象となる。

なお、フィルム包装は、Sainsbury’sの店頭のフレキシブル・プラスチック・リサイクル・ポイント(英国のすべてのセインズベリーのスーパーマーケットで利用可能)でリサイクルできる。

この動きは、2025年までに自社ブランドのプラスチック包装の使用量を半減させるという小売業者の継続的なコミットメントの一環として、一連のプラスチック削減の中で最新のものである。先月には、ワカモレ、ザジキ、サワークリームとチャイブのディップなど、家庭で人気のある自社ブランドのディップポットから使い捨てのプラスチック蓋を取り除いた。

Sainsbury’sは、より広範なサステナビリティへの取り組みの一環として、サプライチェーンにおける動物福祉の保護にも力を入れている。3月、Sainsbury’sは鶏の福祉基準を改善し、Sainsbury’sの自社ブランドの生鮮・冷凍鶏肉をすべて低飼育密度に移行させた。これにより、鶏の飼育スペースはRed Tractor UKの業界標準より20%広くなった。

【参照ページ】
(原文)Sainsbury’s goes trayless on whole chickens, saving over 10 million pieces of plastic a year
(日本語訳)Sainsbury’s、丸鶏のトレーレス化で年間1000万個以上のプラスチックを削減

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る